人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 30日

「年末の御挨拶」

さてさて、年末も押し迫って参りました。
今年は本当に「挑戦の年」だったと思います。
アレヤコレヤ本職とは関係ない事まで…と思ってはいますけど、これが本職と関係してくるともっと楽しくなると感じています。

今年はかなりハイペースでやらなければならなかった年でした。それに伴いかなりの方々に御協力頂きまして感謝しかありません。
ハイペース→スローペースというのが私の本来なのですが、来年からはスローペース一本でいこうと思います(言うだけかも)

今年の春頃に、ある先輩に「事業を何年で出来ると考えているのか」と聞かれ「2,3年ですか」と言うと「そこがダメ、何で30年と思わないのか」と言われ、自分の中でかなりの衝撃を受けたんですが、それが今のベースになっています。

ということで、来年は今年感じたことを構築していく年にしていきます。押し掛け的にですが「縁」を持って頂いた方と、その方々が無理にならない程度に協力して頂き、少なからずその地域のメリットを増やすことが目標です。

b0369943_12075987.jpg
※大好きな本の事業が出来るかもしれません。今から楽しみです


正直な話、こんな地方都市で一番必要な人は「理解者」です。それが年配の人なら「知恵」を、同世代なら「勇気」を与えてくれることでしょう。相変わらずの木下先生はこう言ってます。

b0369943_11515997.jpg

京都の錦通りとか行くと、昼は祭りのように賑わって夜は静まりかえっている。私はああいうのが好きですね(オンとオフがはっきりしている)。
地方だから「同じ地域に住んで盛り上げていかなきゃいけない」という考えが、来る人を疎外しているように思います。田舎あるあるで「アイツをまだ認めていない」という価値観は致命的ですね、田舎だからこそ自由にやれる価値観を大事にするべきです。


そして「ジーンズ」。事業的に言うとまだ、成功失敗ということではないのですが、最初はかなり否定的に捉えている人もいました。※否定的な人も心配だからこそ言ってくれているのは解っていますが


b0369943_12123362.jpg

これはまさに今年じゃないとダメだったなあと思うことです(人選的に)、こちらの方もパンフレット作成や環境作りが急務だと感じています。

アイテムというか「地域の商材」と成り得るモノがギリギリ間に合ったので、来年はそれを「どう地域に還元出来るか?」というのが、こちらの事業のポイントだと思うので、皆さんと協議し、やっていこうと思います。

こんなことを考えていたら時間はあっと言う間に過ぎていきますね。相変わらず「自分」というモノは変わるとも思いませんが、良い影響を追い風に変え、関わる方々にプラスになれるように頑張っていきたいと思います。

本年も御世話になりました、皆様の御健康を祈念致します。感謝

by sumiya-aramono | 2018-12-30 11:39 | コト | Comments(0)
2018年 12月 27日

「出張販売」

有り難いことにカップ&ソーサーの御注文を頂きまして、丁度近くを通ることもあり御届けしました。

b0369943_17545126.jpg

カップ&ソーサーは、ふもと窯の井上尚之さん。住宅関係の相談に来られた御客様用ということで、せっかくなら「熊本の陶芸家さんのを」ということで地域の繋がりを大切にされていて素晴らしいと感じました。

b0369943_17373954.jpg

複数から真剣に選んで頂きました。

b0369943_17373912.jpg

石本社長大丈夫ですか。。
石本さんとは某秘密の会で御一緒しております。

b0369943_17405267.jpg

奥様はインテリアコーディネーターもされていまして、OKが出るのか不安でしたが…

b0369943_17405398.jpg

無事にOK出まして安堵しました。
昔は物売りも出向いて売ってたとか。初めての出張販売でしたが楽しかったです。

「HIGO REFORM」さんは、温かい会社で素敵な施工をされますよ。年末の貴重な時間にありがとうございました!


by sumiya-aramono | 2018-12-27 17:34 | | Comments(0)
2018年 12月 25日

「メリークリスマス!」

ある架空の街の問題として。

人口5万人の街。ある文化的な職業のお店(サービス業)。
家賃2.2万、光熱費0.8万、仕入れ4万。一月7万円の支出。利益でトントン。

街の風景の一部であるそのお店は、その街では使用する人は少なくても無くてはならないお店となっている。
現代において、そのサービスがノスタルジックなものになってしまった故なのか、現状ボランティアのような仕事になってしまっている。

…というような問題を、クリスマスの今日垣間見ました。自分ならどうする?

・もっと家賃の安い所にいく
・違うもの(サービス)で利益を確保する
・やめる

その方は60年弱商売を続けられてきて、やめたくはない、望んでいることは「続けたい」ということ。

クリスマスの今日、久しぶりに面白いようなこと(問題)に出会えました。

b0369943_21563669.jpg

ケーキ1つで乗せられました。これがクリスマスの「力」かな?来年の目標が出来たように思います。
※あ、架空のお話です



by sumiya-aramono | 2018-12-25 21:41 | 地域 | Comments(0)
2018年 12月 23日

「Treasures in the Trash Museum 」

「Treasures in the Trash Museum 」と検索したら、結構な画像が出てきます。意味は「ゴミ博物館の宝物」

b0369943_23461131.jpg

昔の雑誌を見ていたら、「Huge」という雑誌が出てきまして6年前のでした。「I 🖤JUNK!」ということで、コレクターの人達の特集。

昔からこういうのが好きだったんだなあと我ながら辟易しますが、これは性分かもしれません。

人がモノに対して興味を無くすと、捨てたり人にあげたりします。その時点で持ってたモノの「価値観」は「0」になります、持ってた人の中で。

しかし、そのジャンクのモノの中にキラリと光る何かを感じ、集めてミュージアムにしたり商売にしたりする人もいます。

情報=価値というのは正しいと思いますが、どちらも創ることが可能です。マスコミの生業ですね。しかし、そんなマスコミが作った流行に惑わされず、自分の眼を信じ楽しく集めている人達が雑誌に特集してある人達です。

日本民藝館を作った柳さん達も、初めはそんな感じだったのではないでしょうか。また聞いた話によると、芹澤ケイ介さんはダメージのひどいモノでも喜んで集めていたとか。

何故この雑誌を買ったのかな?と思っていたら、終わりの方に柚木沙弥郎さんのコレクションも載っていました。そして「モノを選ぶということは、自分に自信を持つことなんだ」と言われています。

確かに今の時代、画一化されたモノばかりで、○○から仕入れている、というのが分かったり、オンラインで買えたりしまして面白くないと思うことがあります。もちろん、民藝の精神のように良品である生きている生活雑貨は一定量必要だと思います。

ただ、個人的に好きな「アート的な絶対量が少ないモノ=ゴミ」と成り得るかもしれませんが、柚木さんの言葉に習っていきたいと思いました。


by sumiya-aramono | 2018-12-23 23:44 | モノ | Comments(0)
2018年 12月 22日

「D7500+シグマ単焦点30mmF1.4」

b0369943_11202052.jpg

b0369943_11202021.jpg

ちょっとレベル上がったかな?
井上泰秋先生の香炉の「龍」は、ウチに参りました。


by sumiya-aramono | 2018-12-22 11:19 | カメラ | Comments(0)
2018年 12月 17日

「悪魔的趣味」

数年前になると思いますが「もうカメラはコンパクトなカメラしか必要ない」というようなことを書いたように思いますが、スミマセン、、思い上がりでした。

そうです、確かカメラの螺旋的なのを止めるというような主旨だったと思います。
思えば、全てのカメラにおいてですが、あらゆる層のグレードが用意してありまして、どのレベルに達しても良いようにモデルが用意してあります。また、最上位モデルを買っても、半年も経てば新しいモデルが出るという悪魔的なシステムがあるのがカメラ業界のような気がします。

b0369943_01074319.jpg

今回、選んだのは「NIKON D7500」です。最初は数字の半分くらいのを買おうと思っていたんですが、現物を見るとD7500の方が素晴らしいと解りました。質感やフォールディング感、機能性。

私はシャッター音に好みがあるのですが、D7500は間違いなく好みでした。また、最近御手伝いしているポータルサイトのことを考え「出来るだけ美しく撮らなければ失礼になる」という勝手な責任感を携えたからかもしれません。

何か長々と言い訳を書いているような気になってきましたが、お久しぶりのカメラは楽しいような気もします。

このブログの画像も少しはマシになるかもしれません。

by sumiya-aramono | 2018-12-17 01:03 | カメラ | Comments(0)
2018年 12月 09日

「待つか行くか」

昨日、男ノ子焼の忘年会に呼んで頂きまして、陶芸家の杉田君(左から二人目)に久しぶりに会い、とても清々しい顔をされていて嬉しかったです。

男ノ子焼の里保存会の方とも久しぶりに御話出来て、またしても「地域」について考える時間が出来ました。

私も含めて人は「仕事」をしなければならず、その賃金によって生きていく糧を得るのですが、その人の仕事の「範囲の広さ」というのはどんなものが良いのだろう?

地場に根を張り、自分の周り(町内、市内)のみで営業を行うのか、日本全国各地に行き、ポイントポイントで商売を行うのか。

それは職種にももちろん因るのですけど、私としては前者の方が向いていると思います。例えば「どうやったら山鹿に来てもらってお金を落として貰えるのか」というのを突き詰めていきたいですね。

男ノ子焼も、お話を御伺いしていると、バスを通すための道路拡張の話など地域の方と行政の方との話が進んでいるのに驚きました。

2年前に、私と有馬くんを介して開窯した人が地域を変えていっているという現実にお酒の力も加わり大変嬉しく思いました。

恐らく行政側もそういうのを予め予想していたのでしょうけど、私はこれこそが「地域の力」だなあ、と感じました。相互扶助で、例えば男ノ子焼に見学に来た方が、その地域で食事をされたりガソリンを入れたり、帰ってPRしてくれたり。最初は小さいことでも、後々大きいリターンになることがあるかもしれません。

話を戻しますと、都会の方が大きい商いというのは出来ると思いますが、それに見合う投資と時間と労力を考えた場合、地域から変えていく「価値観」の方が私には大きく感じます。

凄い人たちは世の中を変えていくのでしょうけど、それは置いときまして、都会で早く消費することより、地域でゆっくり「文化」というカテゴリーにおいて培っていくことの方が意味があるように感じます。

そんな自分のスタンスに気付けた出会いの師走。男ノ子焼の里、おめでとうございました!

b0369943_10215465.jpg





by sumiya-aramono | 2018-12-09 09:47 | 地域 | Comments(0)
2018年 12月 06日

「ローカルブーム」

世は「Local(ローカル)」ブーム!(の、ような気がします。いえいえ数年前からそうでしたよ、と言われるかもしれません)

「local=地域の、地域性のある」といった意味で、端的に「田舎」という意味もあるかもしれません。

私自身が掲げている「Local & Folks」も、勿論そんな意味があります。

ブームだからといっても嬉しい訳ではなく(ブームではないかもしれませんが)。
ただ、私が考えるブームというのが、普通の人より尚早で、大部分の人が共有すれば、あとは終わるのがブームでありますので、なるべくヒッソリと温めていきたいと思っております。

b0369943_23110419.jpg

私が少し関係しているので、ローカルという意味で考えてみましたら、いろいろありました。

ローカルメディアというのが、自分の中ではとても面白いと感じています。最近は他の地域のローカルメディアの取組を見るのが楽しいです。

ローカルというのは、都市部では無い価値観です。地域だから新鮮な武器、のような(当たり前ですか?)

全ての新しいモノは中央に、中央から発信される。しかし、中央の人たちが癒されたい場所は、まさにローカルな場所ではないでしょうか。

ローカル的な強味はますます強くなっていき、その強味が面白さや楽しさになり、それがビジネス化していけば、地域はもっと活性化するでしょう。

その地域の時期だけにしか生まれないワードや、その地域の独自のトピックというのが実はあるハズですので、そういうことがメディアとして蓄積出来ればとても面白いと思っています。

かなり希望的観測がありますが「地域だからやれること」というのは、今後明確になっていくと思います。

流行が地域から発信されたり、東京の後追いをしなくて良くなる気さえしています。
「価値」というものは、すでにあるモノを今以上に高くすることは難しいですが、無いモノに見出だせるとかなり有益です。

若い方は、もっと自信を持って郷土に残って欲しいですね。



by sumiya-aramono | 2018-12-06 23:01 | 地域 | Comments(0)
2018年 12月 03日

「3ヶ月の感想」

いよいよ12月になりました。
9月より販売していた「山鹿(ローカル)ジーンズ」も3ヶ月経ちました。

ワンクールということで、山鹿BEAT CHANNELにまとめて頂きました。


今回は「想い」の部分を重点に。
来年どんな歳になるのか、まだ分かりませんが「楽しいイメージ」を持って過ごして往きたいですね。

今日は短く、宜しく御願いします。



by sumiya-aramono | 2018-12-03 22:32 | ローカルジーンズ | Comments(0)
2018年 12月 02日

「地域の取組み方」

今日は地元の先輩に誘われて、まずは原鶴温泉に。

b0369943_17130804.jpg

楽しいイベント「温泉ガストロノミー」があるので見学に。

個人的に、内容よりも運営体制が気になるのは悪い癖…
アウトドア系のオシャレなイベントは、若い方達が参加し易いし、地域(田舎)だからこそやれるイベントですね。

b0369943_17184891.jpg

お酒ありきのイベントって珍しい。

b0369943_17191537.jpg


b0369943_17194370.jpg

結局は、その後地域としてどうなるのか(どうしたいのか)が問題と思いますが、どうなのしょうね。。

さて、それからランチを食べて、日田・豆田町→うきは・吉井町をちょっと散策して帰りました。

パン屋、陶器店、本屋、喫茶店、白壁、意識高い若い方(夫婦)が多い。

それぞれの地域の取組はとても勉強になりますね。前よりはいろんな角度から街並みを観れるようになりましたので、我が町に持ち帰って活用したいと思います。


by sumiya-aramono | 2018-12-02 17:10 | 地域 | Comments(0)