人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 25日

「最終巻」

b0369943_13010414.jpg

R.D.Wingfield氏の、フロストシリーズの最終巻を購入しました。
クリスマスのフロストが衝撃で、とりわけ訳者の芹澤恵さんが良い仕事をされていると思います。

作者はもう亡くなられてまして、これ以上フロスト警部に会うことは出来ないのですけど、決して上品ではないけれど情に厚く、人のせいにしない気質は物語を通して勉強になりました。

最終巻ということで、ゆっくり読んでいきたいと思います。



by sumiya-aramono | 2018-02-25 13:00 | | Comments(0)
2018年 02月 18日

「安」

私事ですが、先日交通事故に見舞われまして、少しばかり「安静」にしています。

お店の方は出たり入ったりしていますので、そんなにひどくはありません。元々あまり病院には行く方ではありませんので、医学の進歩を肌で感じております。

腰に貼ってもらったチタンのシートみたいなの、アレは高いかも知れないけど素晴らしい!

b0369943_13361805.jpg
余談ですが、菊鹿ワインの「せせらぎ」を「やすらぎ」と言った方が居まして楽しませていただきました。


by sumiya-aramono | 2018-02-18 13:27 | Comments(0)
2018年 02月 17日

「蕎麦」

会議に出席するために熊本県の天草市へ。

お昼は何を食べようと考えていましたけど、海鮮丼より無性に蕎麦が食べたくなりました。

b0369943_14022859.jpg

天草市の「和み家」さんへ。

b0369943_14022938.jpg

画像の「じねんじょ蕎麦とおにぎり」のセット970円。

b0369943_14023100.jpg

蕎麦が美しい!もちろん美味い!そして、じねんじょ(自然薯)も本物で、付け合わせの「梅干し、白和え」が本当に美味しい。

メニューを見て、日本酒が無いのに少し安堵。
※飲みそうな自分が怖い
代金を払うときに、つい言ってしまいました。

「純米酒の冷やを置かれると喜ばれる御客さんが居ると思いますよ」

飲み物は単価的にも利益になりますし、喜ばれる御客さんが居ると、その友達も御客さんになります。

今度は蕎麦の時期に来てみたいです。
美味しかったです、ご馳走さまでした。


by sumiya-aramono | 2018-02-17 13:51 | | Comments(0)
2018年 02月 07日

「地酒」

b0369943_22043900.jpg

泰斗ー純米吟醸(無濾過生原酒)
熊本県山鹿市にある「千代の園酒造」で造られています。
今の時期は「無濾過生原酒」もありまして、白く濁りますが、スッキリとした甘さがあり、ワイングラスで呑むと一瞬日本酒と思えない程、品のある味わいになります。

少し語弊がありました、他のお酒が品が無いみたいに聞こえますが、元々熊本の日本酒は「甘さ」が際立ったものが多いです。作り方もあると思いますが、そんな中でもこの「泰斗」の純米吟醸酒のスッキリさは衝撃でした(地元だからか褒め過ぎ?)。
企画された団体も「くまもと酒文化の会」と言いまして、熊本の酒にうるさい酒屋さんで組織されています。

大分の豊潤beginに似ている感じですね、間違いなく一年を通して酒量ナンバーワンです。御値段も4合1700円、一升瓶3400円とお求め易い価格ですよ~



by sumiya-aramono | 2018-02-07 21:47 | | Comments(0)
2018年 02月 03日

「冬将軍」

到来、でしょうか。

今日は風も強く吹いてます。こんな日は「晴耕嵐読」とばかりにユッタリしたいものですよね。

b0369943_13322596.jpg

ということで、炬燵の脇に本を置きまして。

b0369943_13322617.jpg

たまに寝ながら。猫のようにゴロゴロ

巷では「百華百彩」というイベントが2月の金・土曜日に開催中です。お近くの方、宜しかったら御覧くださいませ。


by sumiya-aramono | 2018-02-03 13:28 | | Comments(0)
2018年 02月 02日

「試行錯誤を経て…」

本職の方の取組です。お店でも販売していました「畳の縁」を使ったコインパースの特別バージョン。

b0369943_12464263.jpg

「くまモン」という熊本が生んだスーパースター。コチラの縁は熊本県畳工業組合が作った畳縁です。

昨年は倉敷の縁工場に工場見学へ行って来ました。熊本県という国産の畳表の97%を作っている地域、オリンピックに向けて「畳」をPRもしたい今日この頃。
財布のファスナーは熊本市下通り「マキノ」さんで特注で、縫製は地元のオバサマ方の手仕事にて作って頂きました。

いろんな経験をしてきたことが、無駄にならないような取組をしていきたいものです。そして無理をしない取組力も大切ですね、プロがするべきことはプロに任せることが「製品」となり得ます。

価格は只今考え中です、宜しくお願いします。



by sumiya-aramono | 2018-02-02 12:23 | 地域 | Comments(0)