人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 29日

「インターネット」

インターネット、特にホームページなどは自分には大して意味がないモノだろう、と思っていました。

でも、何かを伝えたいということをしたい場合、必要性があるということを、最近強く思う。

雑誌や書籍も、自分が手に取る偶然性は、その本が発している「雰囲気」であり「伝えたいこと」に他ならない。

だから、洗練されたHPなどでその企業が「伝えたいこと」というのは、楽しみであり期待する。

その一つである京都の誠光社さんから、簡素だけど素晴らしい我が店の文章をしたためて頂いたのが嬉しかった。

また京都に行ったときは本を選びに行きます。




by sumiya-aramono | 2017-11-29 18:12 | コト | Comments(0)
2017年 11月 18日

「工房探訪」

朝から工房探訪に行って来ました。

織の田仲一美さんの工房へ→

白山通りを西へ、新世安橋を渡り、二本木へ。

工房の感じ、新作(エジプト綿)のものまで。二階はゲストルーム?


b0369943_15111715.jpg
b0369943_15113733.jpg
b0369943_15120676.jpg
b0369943_15122517.jpg
b0369943_15124477.jpg
b0369943_15130341.jpg
b0369943_15132501.jpg
朝から失礼しました。頑張って下さいませ!


by sumiya-aramono | 2017-11-18 15:15 | | Comments(0)
2017年 11月 15日

「○○キライ」

ネットの波をさ迷っていましたら、共感出来る記事がありましたので御紹介。
この中で「伝統工芸品を”雑貨化”してしまっている人たちが現れています。伝統工芸”風”や、老舗”風”に見せた、安価なものを作り出す人たちが出てくるという、ナンセンスなことがどんどん起こり始めていて、良くないな、と。」

ナガオカさんは「ロングライフデザイン」を提唱されています。上にあるような○○風という物が氾濫すると、誠実な物でも同じカテゴリーに成ってしまって、価値がごちゃ混ぜになってしまう感覚に陥ります。


簡単に言うと「偽物が出てくると、情報としての価値が下がる」ような錯覚を起こしてしまいます。何でしょう、とても残念な気持ちになるような感覚です。


勿論、本物の漆と偽物の漆は雲泥の差がありますし、価格もそうでしょう。「使えれば良いよ」という人からすれば安い○○風なモノを選んでも善しという風潮もあると思います。


それでも私という人間は、そういうコト(!)がキライでして「信念」のあるモノが好きです。昔の人は「哲学」と言ったかも知れません。ですので、個人的にはこれからは「作家性」が強くなっていく事が大切だと感じています。


価格は多少高くなるかも知れませんが、名前が出る方が誠実な仕事をされています。そこには「責任」があるので当たり前のことでしょうけど。価格とのバランスや継続性など問題はあるでしょうけど、そういう方たちと生活に必要なモノを見付けていきたいと思いました。


余談ですが、○○マルシェというのも、最近行かなくなりました。質の高いマルシェに行ってみようと思います。



by sumiya-aramono | 2017-11-15 20:46 | コト | Comments(0)
2017年 11月 14日

「おじゃまします」

素晴らしい本を見付けましたので。

「菊池亜希子のおじゃまします/集英社」

b0369943_18002611.jpg
副題として「仕事場探訪20人」とあります。

3年前くらいの出版で、なかなかの人の職場が作者のイラストで紹介してある。イラストもマニアックな所を突いてるし、ゲストの紹介や「サイン」もあったり押さえている所は押さえてあり好感。

b0369943_18045587.jpg
自分自身が、こういう「職場」とか「アトリエ」が気になるのだろうな、と思います。人の頭の中を見るようなものですし、オリジナリティがあったり、その人の当たり前を知る機会にもなりますし。

b0369943_18070205.jpg
対談とかも宜しいですね。LEEで連載されていたのか、モチベーションの高さが伺えます。否、ツマラナイ本が増えただけなのか、良書だと感じました。

あ、そうそう、そんなにも「深く」ないのも◎


by sumiya-aramono | 2017-11-14 18:11 | | Comments(0)
2017年 11月 12日

「メモ帳」

コクヨのスケッチブックが入荷しました。
b0369943_11553741.jpg
40枚の薄いスケッチブック。色が良いです 410円


by sumiya-aramono | 2017-11-12 11:57 | モノ | Comments(0)
2017年 11月 07日

「田舎美術館」

先日、お久しぶりに御会いした竹熊宣孝夫妻より、仕事のこともあって御自宅に行って来ました。

というのは口実で、目的は「田舎美術館」。

b0369943_11514683.jpg
建物自体を移築されて使われています。

b0369943_11530418.jpg
b0369943_11532272.jpg
土間があり、飾りっ気のない室内は好感が持てます。

竹熊さんは「養生伝承館」を運営されています。
熊本国際民藝館で講演をされていたり、でも今日まで挨拶程度で御話しをしたこともあまり無かったので、今日初めて伺いました。

b0369943_11562309.jpg
執筆されている本や、洗剤、醤油、など身体に良いものや、無農薬野菜も販売してあります。
※冬瓜?を頂きました、ありがとうございます。

b0369943_12010440.jpg
自分用に一冊購入しました。そして、お店用にも数冊頂きました。

b0369943_12030189.jpg
b0369943_12031954.jpg
無農薬珈琲を飲みながら御話しをしていますと、なんと御生まれは山鹿だとか、弟さんが彫刻家だとか話が盛り上がり広がりました。

まだまだ精力的に活動されている竹熊先生に御会いできまして、痛かった腰も和らいだ気がしました。

竹熊先生のことを知りたい方は下記HPより。
来春写真集が出るそうです!





by sumiya-aramono | 2017-11-07 12:12 | 地域 | Comments(0)
2017年 11月 06日

「回り回って」

坂東玉三郎八千代座公演に始まった「田仲一美~冬の織物展~」はまだ開催中です、(一度御伝えしたかも知れませんが)田仲さんとは15年来の御付き合いになります。

b0369943_21300609.jpg

熊本国際民藝館のスタッフだった田仲さんと御会いして、その時にデザイナーではない日本民藝館・館長の柳宗理さんを知り、その御父さんの柳宗悦さんから各地の民藝を知りました。

b0369943_21215613.jpg

上の画像の駒場の日本民藝館は素晴らしいミュージアムです。展示してある中でも大分の小鹿田焼は素晴らしかったです。
熊本・山鹿は和水町のまゆみ窯さん、そして小代焼が一番近いですが、日田の小鹿田焼もなかなか近いです(山を越えて一時間)

山鹿には小代焼から独立された「かじや窯」さん。そして田仲さんからまた古くも新しい民藝の和が拡がりそうな感じがします。新しい展開に期待しています

回り回って(今度は山鹿に向かって)着実に我が街にも民藝的な価値が根付きそうな感じがします。





by sumiya-aramono | 2017-11-06 21:41 | | Comments(0)
2017年 11月 04日

「田仲一美 冬の織物展」

と銘打ちまして、只今、温かい田仲さんの素晴らしい織物を展示販売しております。

b0369943_12111992.jpg
b0369943_12113785.jpg
b0369943_12120168.jpg
b0369943_12124211.jpg
b0369943_13524619.jpg
個人的に私も購入させて頂きました。良いものを実用すると、何だか心まで嬉しくなりますね。

藍は島根県安来、織は木綿の手機織り。
御来店を御待ちしております。



by sumiya-aramono | 2017-11-04 12:17 | 民藝 | Comments(0)
2017年 11月 02日

「11月分選書」

また、京都の誠光社さまから楽しい本が送られてきました。

b0369943_16501312.jpg
すみや荒物店の屋根裏図書会員も20名を越えました。
本の素晴らしさを知って頂くため、無料の貸出も行っております。

本が御好きな方、工藝・民藝好きな方、御来店を御待ちしています。



by sumiya-aramono | 2017-11-02 16:54 | | Comments(0)