<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

「やってみよう!」

岡山の児島で見た(畳の)縁の製品の数々。それだけでなく、いかご(藺草の籠)などの藺草製品も多くありました。
岡山はかなり本気に地場産業のモノを生活に取り入れる動きと、ブランディングする動きを行っていました。
※「いかご」は、最新のチルチンびと(風土社)に載ってますよ

私も畳業界に携わる者として、畳表の本場・熊本の八代産の畳表の普及とブランディングを小さい力かもしれませんがやっていこうと思いました。その第一歩として、いま私も使っているのですが畳の縁を使った「コインパース(小銭入れ)」を作ってみようと思います。

b0369943_00522712.jpg
「コインパース」は畳の縁と市販のファスナーや裏地などで、ミシンの経験のある方なら直ぐに出来ると思います。想像以上に畳の縁は種類があり、また織り方も数種類ありますので選ぶ楽しさもありそうです。

見学して良かったのですが、畳の縁は見事「MADE in JAPAN」でして輸送コストや関税も抑えられ、縫える人が居れば簡単に製品に成り得ます。だからでしょう、東京などの手芸屋さんでは畳の縁をメートル単位で販売しているそうです。

我が街にも数名畳の縁のバッグを作っている方もいるそうで、そう遠くない内に、その方たちの製品を見ることが出来そうです。
水俣や天草にも藺草の製品(ブックカバーや携帯ケース)を作っている畳屋さんも居て、熊本県の畳組合でも「藺草製品」から八代産の藺草をPRしようという動きもあります(私もメンバーの一人です)。

とりあえず「やってみよう!」コインパース、梅雨が明けましたらコースター(八代産藺草)も作ってみようと思います。




by sumiya-aramono | 2017-06-30 01:30 | 地域 | Comments(0)
2017年 06月 24日

「いい○○」

先日、新幹線の中で読んだ冊子の中に「いい家とは…」のようなエッセイがありました。

確かに「いい家」「いい人」「いい店」って、何だろうな?と考えました。豪華な作り、稀少価値がある、安心安全な、ファッショナブル、好き嫌い、などなど。

そのエッセイには、かなり簡単明瞭に書いてありました。
例えば「美人とは?」「すれ違って、振り向いて見てしまう人」確かにな!と感じます。
人は何らかの魅力があるから、振り返って見てしまうのでしょう。そして「また会いたい」と思える人、だそうです。

家については「また行ってみたいと思う家」ということから、「居心地がいい」「安心できる」のように繋がっていくということです。

クチコミやリピーターなども、そんな感じですよね。「また行きたい」「良かったから行ってみれば?」
厳密には、そう言って貰える要因というのはあるのでしょうけど、人間の感覚ではことごとく省略されています。

何においても後ろ髪惹かれる感覚というのはあると思います。私も昔、建築が好きだった頃には目白の吉村順三ギャラリーに行ったりして「この狭さが良いのかなぁ」と考え、何故あんな狭い所が居心地が良いと感じるのだろう?とまた行きたくなったり。。

b0369943_12470829.jpg
また行ってみたいと思うような所は、あらゆる仕掛けが必要なのでしょうけど、その物(人)の持つ価値観(自信)に触れてみたいと思えることかもしれません。


by sumiya-aramono | 2017-06-24 12:52 | コト | Comments(0)
2017年 06月 23日

「定番」

山鹿の鹿本町にあります「かじや窯」さん。

かじや窯の米原さんに、山鹿の定番になるようなお皿を作りましょう!とお願いしまして、考えてもらっています。

定番って?というのもあるんですが、本当に普通のオーソドックスなお皿を作ってほしいと御伝えしてまして、先日それに近いものの試作品が上がってきました。

b0369943_09155007.jpg
これはまだサンプルですので、色目など変わります。左から4寸、5寸、6寸ということで、食事で一番使う大きさを作って頂くことになりました。夏の出来上がりが楽しみです。

b0369943_09292626.jpg

またこちらは「かじや窯」さんの定番のフチあり皿。深さがあるので汁物も大丈夫です。

b0369943_09312936.jpg

こちらも4寸、5寸、6寸とあり、在店中です。御近くの方は是非御覧下さいませ!



by sumiya-aramono | 2017-06-23 09:38 | モノ | Comments(0)
2017年 06月 11日

「岡山」

先日、仕事関係の研修旅行で岡山に行って来ました。
岡山と言えば倉敷、ということで倉敷に行ったのですがあいにく月曜日ということで、倉敷民藝館や大原美術館も休館日で残念でした。

それでも倉敷の情緒を感じることが出来まして、アイビースクエアでは「い草」の展示会もあってまして、本職含め勉強になりました。

b0369943_12280703.jpg

「藺籠(いかご)」というい草の手編みのバッグがありまして、販売代金を含め様々なことを考えさせられました。こういうモノを作る人の賃金や流通コスト、代理店などなど…

倉敷より東南の方に「児島」という街がありまして、こちらの畳縁の会社の見学がメインでした。児島は畳縁メーカーが10軒ほどありまして、国内のシェアは8割です。

b0369943_12324261.jpg

高田織物さんという畳縁のメーカーさんです。入口から入ると、画像のようにお洒落なアンテナショップ「FLAT」が御目見え。中に入りますと、

b0369943_12344942.jpg


壁一面に畳縁が展示してあります。なかなかの見応え。
これだけ集まると壮観です、こういう展示はこのお店に来る意味があるなあ、と感心しました。

工場内は写真撮影不可ということでしたが、ゴミも落ちてない程キレイな工場でした。操業日の1/3は見学者が来られるということで、当たり前のように清潔な工場でした。

仕事柄、畳縁とは御縁がありますが、作る工程を見ていると大事に使おうと思いました。また、こちらの専務さんがお若く凛々しい方ですが、企業としての「未来の捉え方」を考えてらっしゃるなあ、と感じました。

その手法の一つが、アンテナショップだったり見学者の受け入れだったりするのでしょう。製品を作るだけの会社だったら、製品を作り続けて売り続けることが出来たら一番良いなとは思います。しかし、今は物が売れない時代になってまして、新規住宅着工数は目減りしています。ほんの10年先を考えましても、畳縁を作るだけに依存した会社では心もとないと思います。今は売れてましても、急に売れなくなる時が来るかもしれません。

b0369943_12471324.jpg

アンテナショップでは、ミニ畳や画像のような畳縁を使った雑貨も扱われてました。私はこの小銭入れがとても好きになって購入しました。畳縁は化繊素材と天然素材とありますが、テグスのような細さの糸を生地にしていますので、この上なく丈夫です。

手に触れるモノとしてはかなり丈夫だし、何より他のモノと比べましても安価です。工芸品や雑貨にも今後使っていける素材だと感じました。

何かを行うと成功とか失敗とかあるのかもしれませんが、新しいことに挑戦し、対応出来る機会を作っている企業は「楽しい」と感じました。研修旅行で学んだ一番の価値観です。



by sumiya-aramono | 2017-06-11 13:01 | 地域 | Comments(0)
2017年 06月 02日

「Visual-Book」

N.Yで、ジョージア・オキーフの回顧展「LIVING MODERN」があってまして、少し前のブルータスではオキーフの家の特集もあってました。


世界的に人気なのかな、、と少し焦りました。前から「オキーフの家」の本がメディアファクトリーから出版されていたのは知っていて欲しかったんですが、案の定いざ買おうとしましたら「時既に遅し」販売終了となってました。
無いとなると欲しくなるもので、海外から洋書版を取り寄せることが出来まして安堵しました。

b0369943_17124349.jpg

京都の誠光社さまの選書サービスを開始するときに「どういったカテゴリーを送れば宜しいですか?」と丁寧に聞かれ「生活」「職人」「手仕事」「民芸」など御伝えしたと思うのですが「読み込む本というよりはビジュアルブックですね」と言われ、自分が本当にビジュアルブックが好きなのに気付きました。

そうなんです、ビジュアルブックが好きなんです。何が好きって(おそらく)見る人によって、変わるから好きなんだろうと思います。
その時の心象にもよるでしょうけど、その時の年齢にもよって変わると思います。

b0369943_17193974.jpg

雑誌って言われればそれまでですが、写真を巧く使って、言いたいことを伝えていること。
何か、目的に向かって突き進んでいる純粋な感覚も好きなのかもしれません。
上のオキーフの家は、全てモノトーンの写真で抑えてありまして、伝えたいことの輪郭がハッキリしているように感じます。

b0369943_17254054.jpg

そういうことを考えていましたら京都の誠光社さまから六月分の選書が送られて来ました。
アーティスティックな限定本と私が個人的に読みたかった「遊郭を行く」、昔夢中になったDieter Ramsの写真集もあります。
バレてしまったのか「のんべえ春秋」

これらの本は、御読みいただけます。御希望によっては貸し出しも。※販売はしておりません
私では到底見つけれない本ばかりです、良い仕事されてます。御楽しみ下さい。



by sumiya-aramono | 2017-06-02 17:35 | | Comments(0)