人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 31日

「屋移り」

b0369943_14040798.jpg

すみや荒物店は、4月下旬から八千代座横(野田商店)2階を間借りして営業します。4月23日(日曜吉日)が正式オープンです

コンセプトは変わらず、新しいこととを考え、古いことを大事にしながら頑張ろうと思います。

b0369943_14072609.jpg
目印は「金の鍾馗さん」こちらは道教の教えにある「魔物は真っ直ぐ突き進む」ので、それを「跳ね返す」という言われがあるそうです。

b0369943_14114517.jpg
一階の「野田商店」さん「tawaraya」さんともども、どうぞ宜しくお願いします。



by sumiya-aramono | 2017-03-31 14:19 | 地域 | Comments(0)
2017年 03月 25日

「ホットケーキ」

7寸の皿に乗せてみました。
色も形も価格も趣もみんなバラバラです。

b0369943_09330236.jpg
b0369943_09340598.jpg
b0369943_09401231.jpg
使う楽しさ、選べる楽しさがあって良いですね。
上から「小久慈焼(岩手)、ルスカ(フィンランド)、かじや窯(熊本・山鹿)」

休みの日の朝はホットケーキって良いですね、濃いコーヒーが飲みたくなります。


by sumiya-aramono | 2017-03-25 09:44 | デザイン | Comments(0)
2017年 03月 21日

「スリップウェア」

先日、うきはの「ぶどうのたね」さんに行った時に、長崎の小島鉄平さんのスリップウェアを購入しました。

b0369943_10233972.jpg


豆皿の青が良くできてるなぁ~と魅いってしまい、連れて帰りました。


スリップウェアは、自由な感じが楽しいですね。


by sumiya-aramono | 2017-03-21 10:25 | 民藝 | Comments(0)
2017年 03月 18日

「日田へ。2」

大内工芸さんの所から今度は小鹿田焼の里まで残り少ない夕暮れの時間を急ぎました。

b0369943_03300787.jpg
b0369943_03314972.jpg

ちょうど坂本浩二さんが窯出しを準備されてまして、恐縮しながらもお話を少しばかり伺えました。
一年ぶりくらいの来窯でした。小鹿田の忙しい状況は相変わらずのようです

b0369943_03342375.jpg

b0369943_03344994.jpg

個展の準備をされていた坂本創さんの窯。自由な大甕は小鹿田ならでは
理事長の坂本工さんと少しの間お話が出来ました。短い時間でしたが、工芸の世界の「濃い」お話を出来たよう思います。小鹿田焼は11軒の窯元のみで成り立っています。
各々の窯元に個性があるから面白いのだなぁ、と改めて思いました。

b0369943_03412676.jpg

b0369943_03415684.jpg
              
最後に坂本義孝さんの窯を来訪して帰りました。
忙しくても、小鹿田の清潔さは昔の記憶のままです。





by sumiya-aramono | 2017-03-18 03:47 | 地域 | Comments(0)
2017年 03月 13日

「日田へ。」

日田の大内工芸さんへ行って参りました。
社長の大内さんに御時間を頂き、作り方やお仕事の流儀(スタンス)をお伺いしたかったからです。

b0369943_23234019.jpg

大内工芸は創業45年。月に1万本以上の箸を作ってらっしゃいます。
デザインを描いたりはしたことがなく、作っていく上で微調整していかれるそうです。

b0369943_23262285.jpg

果物などを刺す「スピア」は竹だから出来る細さ。「竹以外(の木材)は折れるでしょう」と淡々と仰ります。
大内工芸の仕事に自信があるから言える言葉のようでした。

b0369943_23292430.jpg

「塗りの幅はどうやって決められているのですか」と聞くと「そんなものは仕事がし易いようにね」と言われます。前々回の「プロフェッショナル」でも、無駄なことはしないというのが「流儀」のようです。続いて

「例えば100円のコストがかかるとするでしょう、箸を作るのに。いくらで売ります?200円で売ってたらその産業は廃れますよ、すぐ真似をされるから。120~130円で売ることを私たちは考えるんです。そういう努力をしていかないと、考えるってことをしなくなる」

この言葉は刺さりました。無駄なことをすれば時間的=人件費が膨らむので、モノ自体は高価になっていく。どうやったら安く出来るのか。私も商売人の端くれなので勉強になりました。

b0369943_23364212.jpg

お仕事の邪魔にならないように拝見しました。

b0369943_23413976.jpg

箸になる材料も美しいですね。

b0369943_23405834.jpg

b0369943_23431893.jpg

b0369943_23441084.jpg

b0369943_23443662.jpg
最後に楽しそうにお仕事をされる大内社長です。モノ作りの大切さを学べたようでした、ありがとうございました。


by sumiya-aramono | 2017-03-13 23:51 | 地域 | Comments(0)