人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 26日

「MINGEI」

東京の有楽町の無印良品「ATELIER MUJI」にて
「民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて1934-2017展」が開催中です。
濱田庄司さんやバーナード・リーチさんの轆轤の技術が動画で見れるみたいです。
カーサ・ブルータスのページでは内容や動画がまとめてありました。
民藝は、時代時代で盛り上がりを見せますね。私が一番「民藝」に熱かった時代は柳宗理さん御存命の時でした。
父上の柳宗悦さんが「三度民藝について」と上梓されているくらいですから、宗悦さんが亡くなられる前に度々ブームがあったのでしょう。
しかし今はこうやって定期的に雑誌に取り上げられていて、カテゴリー的にも定着したように思えます。

東京の駒場の民藝館に行きますと外国の方が多く、モノを見ることが日本人とは違うようにいつも感じます。
それでも、現館長の深澤直人さんが無印良品を介して様々な活動をされていまして、若い方達に「民藝」が上手く伝われば良いな、と思います。というのも「民藝≠ファッション」というのは民藝を知れば知るほど根底にはありますので、名も無き美というモノの価値観を、今の方達はどうやって捉えていくんだろう?と考えます。

その問題とは別に、作り手の経済活動の問題もあります。民藝もビジネスでありキレイ事ではありませんので、複雑化する民藝(民衆的工芸)が故に、現代社会を写す鏡としても情報媒体に取り上げられる理由なのかなあと感じます。

東京に時間があって行けましたら、ピンとした空気感を感じたいですね。



by sumiya-aramono | 2017-02-26 23:09 | 民藝 | Comments(0)
2017年 02月 13日

「プロフェッショナル」

プロフェッショナルな仕事ぶり。
プロフェッショナルな人。
プロフェッショナルとはどんなものか、、とよく考えます。
b0369943_22274268.jpg

大工仕事で御世話になっている今村君の仕事道具の一部です。プロフェッショナルな人は、無駄な道具を持っていない。美しい道具を使って、そつの無い仕事をして、素晴らしい結果を残してくれる。
それは仕事の面だけであって、ユーモアや人間味があることは勿論。

プロフェッショナルな人の仕事ぶりは、余韻や余白を大切にして、詰め過ぎなく、使う人のことを考えていると思います。

私の周りには「職人」と言われる人が残っています、職人だからと言って、昔ながらの道具を使っているばかりではありません。合理的な機械や道具があったら使う方が時間短縮にもなるし、仕上げも均一になって美しくなる場合があります。

何故時間短縮が良いのか。それは「時間=お金」が、依頼する人に大きくのし掛かってくるからです。プロフェッショナルな人は、賃金の面でもシビアに捉えている人だと思います。




by sumiya-aramono | 2017-02-13 22:43 | 職人 | Comments(0)