カテゴリ:文化( 7 )


2018年 12月 01日

「書」

工芸店では良く見ていた「泰山金剛経の拓」
中国の泰山の岩盤斜面一面に刻された金剛経に紙を押し当て墨で周りを型どったモノです。

今は拓を取るのも許可が下りないと聞きますが、どうなんでしょうか。

50センチ四方の紙に一文字「即」という文字は勢いもあり、書体もですが迫力のあるアートのような感覚さえあります。

昔は至る所で見ていたのですが、最近見なくなったと思って購入しました。でもヤフオクなどでは頻繁に取引されているみたいですね。

あいにく真贋が私には判別つきません、ですので私は好きな文字で決めております。

今の自分にはピッタリ合う文字だと思っています。

b0369943_15595777.jpg




by sumiya-aramono | 2018-12-01 15:45 | 文化 | Comments(0)
2018年 01月 27日

「独楽」

独楽(こま) 「独りでも楽しい」

b0369943_11551785.jpg

良く言ったものです。
画像のは「逆立ちこま」と言いまして、指で廻すと、いつの間にか立つという独楽です。
私は初めて遊びましたが、結構有名らしいですね。昔の人は、科学的な理屈を何故か自然に知っていたから尊敬します。

b0369943_11551850.jpg

廻すと富士山に見える独楽もあります。
楽しからずや

by sumiya-aramono | 2018-01-27 11:48 | 文化 | Comments(0)
2017年 12月 02日

「こたつ」

少し夢だった「こたつ」をお店に置いてみました。

b0369943_14570720.jpg
先日先輩にこたつを貰いましたので。
なんだか混沌としてきたなあ、卓上にミカンでも置いてみます。


by sumiya-aramono | 2017-12-02 14:59 | 文化 | Comments(0)
2017年 10月 20日

「商売の神さま」

今日10月20日は堀明町の「二十日恵比寿」でした。
堀明町だけでなく、九日町や東通町その他の町内でも神事が行われていました。

b0369943_11135620.jpg
「信心が善し」ということではないですが、こうやって長年されてきたことに参加出来るのも有難いことだなあと思います。

b0369943_11155815.jpg
商売の神さま恵比寿さま。どうか御利益ありますように




by sumiya-aramono | 2017-10-20 11:17 | 文化 | Comments(0)
2017年 01月 02日

「謹賀新年」

b0369943_19103505.jpeg
2017年明けましておめでとうございます。
元旦は恒例の親族での新年会を行いまして、今日、初詣に行って参りました。
商売の神さま、博多「住吉神社」です。
参拝まで、結構並びまして今の世相を表しているのかなあと感じました。

b0369943_19165104.jpeg

雨もしとしとと降ってましたが、せっかくだからと最後まで並んで参拝しました。
困ったときの「神頼み」と言いますが、それも文化の一つと思います。
今年もまた皆さまにとって良い一年でありますように。
本年も宜しくお願いします。







by sumiya-aramono | 2017-01-02 19:22 | 文化
2016年 10月 15日

「荒物」

自分の店の名前を「すみや荒物店」としたにも関わらず、「荒物」の意味も知らないと申し訳ないので調べました。

コトバンクによると「荒物」=《粗末なもの、雑なものの意から》ほうき・ちり取り・ざるなど、簡単なつくりの家庭用品。

とありました。

昔は金物屋もありましたから、金物とはカテゴリーが違っていたと思います。そうじゃないとケンカになりますから。

だから「藁(草)・竹・綿」など金じゃない材料が使ってあるのが荒物であり、それは掃除道具だったり「日々の暮らしを支える道具」のことでした。

そうは言っても、現代ではその通りにもいかず、今の荒物屋ではアルマイトやホーローの雑貨が置いてあったり、鉄のフライパンや酒のグラスがディスプレイしてあります。

おそらく、皆さん大事にされているのは日々の暮らしを支える道具」を紹介したい、ということだと思います。

そんな中で、私が使っている荒物No.1の道具は何か?と問われたら…

b0369943_22241593.jpeg


京都の三条橋近くの内藤商店さんで買ったバスマット。玄関にて使ってます。内心、どこで仕入れてるのか教えて欲しいくらいです。

内藤商店さんは純粋に荒物だけされているお店ですね、尊敬します。


お店にいるとたまに「荒物」ってどういう意味ですか?と聞かれたりします。これからは今書いたようなことをザックリ言ってから「日々の暮らしを支える道具」とお伝えするようにします。

「荒物」という言葉自体が消滅つつあり、寂しくもありますが、私が続けている間は(小さい範囲ですが)無くならないと思います。



by sumiya-aramono | 2016-10-15 22:31 | 文化 | Comments(0)
2016年 09月 28日

「プラスチック容器」

http://www.cnn.co.jp/m/world/35089279.html
「フランスでこのほど、使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が世界で初めて制定された」

2020年の1月から施行される予定らしいですが、個人的には大賛成。
マイ箸持参ブームな私ですが、昔、豆腐を買いに行ってたみたいに、自分の好きな器を持ってお店に行けるのは楽しそう。大変かな?ヤッパリ、、、

こんな法案を制定するのはエスプリが効いてるフランスらしいと思いました。昔、プラスチックのコップは美しくないと論争していたのを思い出します。
また、昨年は「痩せ過ぎたモデルを雇用した事務所に罰金を科す」という法案も可決されています。

極端過ぎるかもしれませんが、文化や習慣を真面目に考えていることは素晴らしいと思います。


by sumiya-aramono | 2016-09-28 20:27 | 文化 | Comments(0)