カテゴリ:人( 19 )


2018年 10月 28日

「レンタルブック」

b0369943_21394983.jpg

そういえば今日、夕方に来られた若夫婦。
※若夫婦という言葉を使う歳になりました

旦那さんが物作りをしていきたいという、今の世に貴重な方でした。

それで、20分ぐらい本を読まれてまして、2冊の本を借りて行かれました。

物作りだったら、「nice things」や「住む。」や「自遊人」「チルチンびと」などの雑誌もテンション上がりますよ~とか、心の中で叫んでおりましたが、真面目そうな御二人でしたので、何も言わず仕舞いでした。

そうそう、少ないですが本は自由に借りれます。最初は2週間としてましたが今は4週間借りれます。

「あ、そうだった。こんな事がしたかったんだ」と、夕暮れの空を見て思いました。

おや?もしかしたら「夢」が叶ってるのか?

彼らの前途が明るいことを祈ります。

b0369943_21392585.jpg



by sumiya-aramono | 2018-10-28 21:28 | | Comments(0)
2018年 10月 10日

「リラックス」

気分転換は必要なことのようで。

b0369943_23260474.jpg

b0369943_23260416.jpg

b0369943_23260464.jpg

GafasNegrasの会長と練習に行った来ました。

まあ、ゴルフはそんなに…上手くもならないのですが、リラックスしてふと話している時に、良い案というのは出てくるものだと思います。

一人より二人、二人より三人。
三人寄れば文殊の知恵とは良く言ったもの「人(仲間)」は財産ですね。※多いと揉めますが

私もモノ作りの端くれですが、モノは作ることよりも売ることの方が難しいと思います。
作って手元に置くことは誰にでも出来るでしょう。売ることが難しいのは、売るときに買う方に対して「価値」が生まれるからです、その価値が買う方に見合っていれば売れるでしょうし、その時でなければ売れないでしょう。

価値が、必ずしも「金(カネ)」だとは限らないのも面白いし大変だと感じています。

GafasNegrasが作る「山鹿ジーンズ」は走り出したので止まれません。
来年に向けての「楽しいこと」の幾つかを、ゴルフ練習の帰りしなに打ち合わせ出来ました。
実現出来たら素晴らしいことが鏤(ちりば)めてあります、お楽しみに。


by sumiya-aramono | 2018-10-10 23:25 | | Comments(0)
2018年 06月 10日

「おかえりなさいませ」

b0369943_12544567.jpg

日本中を旅して来られたお客様が来店されました。
数ヵ月前より(個人的にですが)眼の輝きが違われます!羨ましい籠を見せて頂きました。

b0369943_12555592.jpg

まあまあ、珈琲でも飲みながら。

午前中は、昔の民藝館のスタッフも来ていただいて、今日は精神的に充実した時間を過ごしています。

作り手の方の情報や、想いなどをディスカッションする時間は何事にも換えがたい幸せな時間です。

b0369943_13175296.jpg
お土産、ありがとうございました!



by sumiya-aramono | 2018-06-10 12:51 | | Comments(0)
2018年 04月 01日

「花のない花見酒」

花の香、フレッシュな味わいにて御満悦。
Tさまに頂いた小鹿田の盃と一緒に。

b0369943_18154098.jpg

確かに、小鹿田のこの色は、そう遠くない未来に希少価値を生みそうな気がします。
さすがはTさま

by sumiya-aramono | 2018-04-01 18:15 | | Comments(0)
2017年 12月 21日

「ユックリと」

本屋で二度見して買った「ファーマーズテーブル」のムック。※二度見した理由は「F.T?ホントに?」と思ったからです

b0369943_19092247.jpg

最近目にした雑誌で、よく掲載してあって勝手に親近感が湧いたのかも知れません。

ケメックスのコーヒーメーカーを一番最初に輸入された御店で有名です。御店を移転されて今の場所で三軒目、この本を読んでいると苦労も愉しさに変えられているような、人生をユックリ歩いて往かれているような充足感が感じられる人ですね。

私が目標とする御店は複数軒ありますけど「ファーマーズテーブル」さんもリスペクト!言われていることが教科書のように肌に染み込んでいきます。

いつか行きたい御店です。




by sumiya-aramono | 2017-12-21 19:18 | | Comments(0)
2017年 12月 17日

「年末」

いよいよ今年も残すところ僅かになってきました。
本年はいろいろバタバタしまして、公私ともに行動の歳でした。先日も私事ですが弔事が入りまして、慌てていたのですが、そんな私のblogを御覧になられた数奇な方が御来店下さいました。


商品を見て頂いたり、共通の知人の方の話題になったり、でも一番楽しく話題が盛り上がった(私が)のが「工芸のこと」でした。

情報交換ではないですが、一方方向から見るのと他方向から見るのとでは感覚も違いますから、新しい価値観でしたり物の見方でしたり、勉強になりました。

運良くその方とは同世代ということもありましたので、2時間ほど話し込んでしまいました。今後もこの場所(店)が物を売る場所以上の場所になり、新しい人が集う場所になればなあと思いました。

b0369943_11572581.jpg


そんなこんなで年末ではございますが、これもお知り合いの方からの御紹介だった「古小鹿田焼」ですが、そんなに古いものではありません。30年前くらいでしょうか、未使用品になります。

こちらの値段付けを今日の仕事としまして、雪のちらつく外を見ながら過ごそうと思います。



by sumiya-aramono | 2017-12-17 12:04 | | Comments(0)
2017年 12月 02日

「断片」

個人のインタビューの特集がある本は手に取ってしまいます。

b0369943_13122597.jpg
今でも昔でも(言ってることは違っても)その人の持つ断片は、何かしらの意味を持っていると思います。

SWITCHの川久保玲さんのインタビューは今読んでも小気味良いです。

・この三十年で、東京、または日本人が一番変わったと思うところがありますか?という質問に

「個性を失い、皆で渡ればこわくないについて疑問を持たない」

誰が何を大切にしているかを知ることは、リスペクトを含め大切なことですね。




by sumiya-aramono | 2017-12-02 13:23 | | Comments(0)
2017年 11月 18日

「工房探訪」

朝から工房探訪に行って来ました。

織の田仲一美さんの工房へ→

白山通りを西へ、新世安橋を渡り、二本木へ。

工房の感じ、新作(エジプト綿)のものまで。二階はゲストルーム?


b0369943_15111715.jpg
b0369943_15113733.jpg
b0369943_15120676.jpg
b0369943_15122517.jpg
b0369943_15124477.jpg
b0369943_15130341.jpg
b0369943_15132501.jpg
朝から失礼しました。頑張って下さいませ!


by sumiya-aramono | 2017-11-18 15:15 | | Comments(0)
2017年 11月 06日

「回り回って」

坂東玉三郎八千代座公演に始まった「田仲一美~冬の織物展~」はまだ開催中です、(一度御伝えしたかも知れませんが)田仲さんとは15年来の御付き合いになります。

b0369943_21300609.jpg

熊本国際民藝館のスタッフだった田仲さんと御会いして、その時にデザイナーではない日本民藝館・館長の柳宗理さんを知り、その御父さんの柳宗悦さんから各地の民藝を知りました。

b0369943_21215613.jpg

上の画像の駒場の日本民藝館は素晴らしいミュージアムです。展示してある中でも大分の小鹿田焼は素晴らしかったです。
熊本・山鹿は和水町のまゆみ窯さん、そして小代焼が一番近いですが、日田の小鹿田焼もなかなか近いです(山を越えて一時間)

山鹿には小代焼から独立された「かじや窯」さん。そして田仲さんからまた古くも新しい民藝の和が拡がりそうな感じがします。新しい展開に期待しています

回り回って(今度は山鹿に向かって)着実に我が街にも民藝的な価値が根付きそうな感じがします。





by sumiya-aramono | 2017-11-06 21:41 | | Comments(0)
2017年 10月 28日

「神さま」

自分にとっての神さまを設置しました。

b0369943_13472838.jpg
15年前くらいでしょうか。お懐かしいです


by sumiya-aramono | 2017-10-28 13:48 | | Comments(0)