カテゴリ:地域( 45 )


2018年 12月 09日

「待つか行くか」

昨日、男ノ子焼の忘年会に呼んで頂きまして、陶芸家の杉田君(左から二人目)に久しぶりに会い、とても清々しい顔をされていて嬉しかったです。

男ノ子焼の里保存会の方とも久しぶりに御話出来て、またしても「地域」について考える時間が出来ました。

私も含めて人は「仕事」をしなければならず、その賃金によって生きていく糧を得るのですが、その人の仕事の「範囲の広さ」というのはどんなものが良いのだろう?

地場に根を張り、自分の周り(町内、市内)のみで営業を行うのか、日本全国各地に行き、ポイントポイントで商売を行うのか。

それは職種にももちろん因るのですけど、私としては前者の方が向いていると思います。例えば「どうやったら山鹿に来てもらってお金を落として貰えるのか」というのを突き詰めていきたいですね。

男ノ子焼も、お話を御伺いしていると、バスを通すための道路拡張の話など地域の方と行政の方との話が進んでいるのに驚きました。

2年前に、私と有馬くんを介して開窯した人が地域を変えていっているという現実にお酒の力も加わり大変嬉しく思いました。

恐らく行政側もそういうのを予め予想していたのでしょうけど、私はこれこそが「地域の力」だなあ、と感じました。相互扶助で、例えば男ノ子焼に見学に来た方が、その地域で食事をされたりガソリンを入れたり、帰ってPRしてくれたり。最初は小さいことでも、後々大きいリターンになることがあるかもしれません。

話を戻しますと、都会の方が大きい商いというのは出来ると思いますが、それに見合う投資と時間と労力を考えた場合、地域から変えていく「価値観」の方が私には大きく感じます。

凄い人たちは世の中を変えていくのでしょうけど、それは置いときまして、都会で早く消費することより、地域でゆっくり「文化」というカテゴリーにおいて培っていくことの方が意味があるように感じます。

そんな自分のスタンスに気付けた出会いの師走。男ノ子焼の里、おめでとうございました!

b0369943_10215465.jpg





by sumiya-aramono | 2018-12-09 09:47 | 地域 | Comments(0)
2018年 12月 06日

「ローカルブーム」

世は「Local(ローカル)」ブーム!(の、ような気がします。いえいえ数年前からそうでしたよ、と言われるかもしれません)

「local=地域の、地域性のある」といった意味で、端的に「田舎」という意味もあるかもしれません。

私自身が掲げている「Local & Folks」も、勿論そんな意味があります。

ブームだからといっても嬉しい訳ではなく(ブームではないかもしれませんが)。
ただ、私が考えるブームというのが、普通の人より尚早で、大部分の人が共有すれば、あとは終わるのがブームでありますので、なるべくヒッソリと温めていきたいと思っております。

b0369943_23110419.jpg

私が少し関係しているので、ローカルという意味で考えてみましたら、いろいろありました。

ローカルメディアというのが、自分の中ではとても面白いと感じています。最近は他の地域のローカルメディアの取組を見るのが楽しいです。

ローカルというのは、都市部では無い価値観です。地域だから新鮮な武器、のような(当たり前ですか?)

全ての新しいモノは中央に、中央から発信される。しかし、中央の人たちが癒されたい場所は、まさにローカルな場所ではないでしょうか。

ローカル的な強味はますます強くなっていき、その強味が面白さや楽しさになり、それがビジネス化していけば、地域はもっと活性化するでしょう。

その地域の時期だけにしか生まれないワードや、その地域の独自のトピックというのが実はあるハズですので、そういうことがメディアとして蓄積出来ればとても面白いと思っています。

かなり希望的観測がありますが「地域だからやれること」というのは、今後明確になっていくと思います。

流行が地域から発信されたり、東京の後追いをしなくて良くなる気さえしています。
「価値」というものは、すでにあるモノを今以上に高くすることは難しいですが、無いモノに見出だせるとかなり有益です。

若い方は、もっと自信を持って郷土に残って欲しいですね。



by sumiya-aramono | 2018-12-06 23:01 | 地域 | Comments(0)
2018年 12月 02日

「地域の取組み方」

今日は地元の先輩に誘われて、まずは原鶴温泉に。

b0369943_17130804.jpg

楽しいイベント「温泉ガストロノミー」があるので見学に。

個人的に、内容よりも運営体制が気になるのは悪い癖…
アウトドア系のオシャレなイベントは、若い方達が参加し易いし、地域(田舎)だからこそやれるイベントですね。

b0369943_17184891.jpg

お酒ありきのイベントって珍しい。

b0369943_17191537.jpg


b0369943_17194370.jpg

結局は、その後地域としてどうなるのか(どうしたいのか)が問題と思いますが、どうなのしょうね。。

さて、それからランチを食べて、日田・豆田町→うきは・吉井町をちょっと散策して帰りました。

パン屋、陶器店、本屋、喫茶店、白壁、意識高い若い方(夫婦)が多い。

それぞれの地域の取組はとても勉強になりますね。前よりはいろんな角度から街並みを観れるようになりましたので、我が町に持ち帰って活用したいと思います。


by sumiya-aramono | 2018-12-02 17:10 | 地域 | Comments(0)
2018年 11月 27日

「ローカルメディア」

今、某団体の方で「ローカルメディア」なるものを、不恰好ながら作らせて頂いてます。

ポータルサイトと言えば聞こえが悪いけど、ローカルメディアと言えば良く聞こえるのは「流行」ということもあるのでしょうか。

私がいろいろ言うよりも、コチラを読んで貰う方がとても解ります。熱もありますね、若い方は素晴らしい!


私はこの方の本を2冊持ってます。私自身興味があったのもあるでしょうけど、とても面白かったですね。

ローカルメディアというけど、結局の所は「想い」と思います。最近感じますが、ローカル故に地元の人があげます。地元の人だから地元の人も見るし、許されるのです。

そして良い効果の一つとして、それは主体性を育てる訓練となり、自分達で何かをする(させる)ことも容易となっていくと感じます。

今後、ローカルメディアは拡がり多くなっていくことでしょう。いろんな挑戦も出来ますが、情報の正確さだけは肝に銘じて。

あ、そうでした。
ローカルメディアは自分達であげますので、システム的なこともサイト制作会社の方と打合せしなければなりません。
人口が多く、広告費を出してくれる企業が多いなら全て委託でも良いかも知れませんが、そうでないなら、どうにかして安く運営していかなければなりません。

ですので、サイト制作の方とも親密になる方が良いと思います。信頼関係は大切です


拙いかも知れませんが、ちょっとずつ していこうと思います。宜しくお願いします。





by sumiya-aramono | 2018-11-27 02:17 | 地域 | Comments(0)
2018年 11月 23日

「地域の祭」

地域の祭というものが、50年くらい前はいろんな村々であっていて、良い意味で地域の文化的祭は分割されていたと思います。

今となっては、休みの日になれば旅行・テーマパークへと一人車一台の時代は、情報戦線と相まって、日本の至る所をレジャー化しています。

今日、少し離れた村に「神楽」を見てきました。麻生野という所ですが地域の方々が文化を支えているのが伝わります。

そこに住んでいる人達が五穀豊穣に感謝し、神楽を舞い、それを見た子ども達は大人になりまた神楽を舞う。

いつから作られた楽しさばかりを追うようになったんでしょう。祭が文化ではなく行政主導の観光に分類されるようになり、内容ではなく数字のみを追い求め、過剰にインスパイアされたものばかり見るようになったからだと思わずにはいれません。

地域性や文化的な行事は、そこに住まう人の存在意義を明確に照らしていると感じます。今ではなく、50年100年先の未来を考えて祭にも携わっていきたいと思いました。

b0369943_12315831.jpg



by sumiya-aramono | 2018-11-23 12:07 | 地域 | Comments(0)
2018年 11月 09日

「情報の源泉」

情報としての風景だったり施設だったり食べ物だったり、今の御時世、地域は付加価値を上げようと努力していると思います。

それもそのはず、今の地域は80年前柳宗悦さんが見た日本とは大分違って、結構似たような取組みをしたり、6次化産業も同じような商品の生産をされていると感じます。

どうやったら、他の地域との違いを発信出来るのか。山鹿地域で無理なく情報を発信する方法は何なのか。

私たちはもっと良い情報があるのでは?とずっと考えていました。

そんなことを考えていて、私たちが情報として取り上げたいと思ったものは「人」です。
そこに居る人というのは、物とは違い、いろんな魅力を持った人たちです。話してみると、十人十色とはよく言いますが、本当にいろんな人生や価値観を御持ちの方ばかり。

山鹿にはいろんな方がいらっしゃいますので、自分たちのいろんなツールを使い、山鹿(そこに住まう人たち)をPRしていきたいと思います。

b0369943_16493700.jpg

と、今日カメラを撮っていて思ったのでした。



by sumiya-aramono | 2018-11-09 16:38 | 地域 | Comments(0)
2018年 10月 19日

「配信開始」

めでたく本日より情報発信できました
「山鹿BEAT CHANNEL」

何とか制作の方のOKも出て11月にも間に合いまして、安堵いたしました。

例えば雑誌は広告費で運営しています。見開きや背表紙などに大きな広告があったりしますが、そういった広告費。または特集とかでも広告費を取ることで、運営費を捻出しています。

つまりは、広告主中心の形態にはなってしまうのですが、それは当たり前のことで、しょうがないのですが、そういうことを思わせないのも編集者の技量と思います。単純に特集が面白くて販売部数が上がり、広告の認知度向上というのもあるかもしれません。

雑誌が売れない今、とても大変な産業と思いますが、私は雑誌が大好きです。でも思うのは雑誌もPCで作るので、ネット配信はもちろん出来るし、配信の方法が違うというだけです。
※それでも雑誌のモノの価値はありますが

ポータルサイトと言ってますが、YahooやGoogleのようなことはもちろん出来ません。日々、ニュースを追っかけることも、芸能人に取材も出来ません。ですが、山鹿市民目線として、知り合いや友達や頑張っている「人」を配信することは出来ると思います。

これからは「人」が地域を動かします。例えば、八千代座は重要文化財と言われてますが、そこを支えている人が居てこそ使い続けることが出来るのです。

そして、そんな「人」を紹介出来るのは、山鹿に住んでいる誰かが望ましいと思います。
特集や広告のスペースはもちろんありますが、誰でも参加出来る「トピックスペース」を設けて頂きました。最初は試験的に運営してますが、後々若い人にも参加して頂きたいと思っています。

最近、特に思うのは「参加している」「自分がつくっている」という自覚を若い人に持ってもらうことが大切だと感じています。

何分初めてなもので、メンバーも期待と不安で一杯ですが、それ以上に楽しんで作っていきたいと思っていますので、宜しくお願いします。



by sumiya-aramono | 2018-10-19 20:17 | 地域 | Comments(0)
2018年 10月 17日

「チョイポタ」

今日は仕事は少ししまして、先日の「山鹿ローカルサミット」からの派生で、山鹿のポタリングコースを作ろう!ということで、鹿本高校近くの「おおやぶさいくる」さんと下調べも兼ねてチョイポタを。

b0369943_14124836.jpg
b0369943_14124897.jpg
b0369943_14124891.jpg
b0369943_14124868.jpg
イロイロ行ったのは、ポータルサイトに反映致します。

でも改めて思ったのは、普段車に乗っていると、自転車のスピードで見える景色が違い過ぎて、とても新鮮な気持ちになりました。

お陰さまでショートコースは出来ました。おおやぶさいくるさんが、イベントをするときにも使って欲しいと思います。


by sumiya-aramono | 2018-10-17 14:10 | 地域 | Comments(0)
2018年 10月 17日

「教育の大切さ」

b0369943_07452763.jpg

今日は朝から良い話を伺いました。

一般社団法人 WING SCHOOLの田上善浩さんの講話。

日々疑問に思っていた教育の問題点。
善悪も知らない子ども達が、いつしか悪くなっていくのは何故なんだろうか。

悪いのは誰?どこから変えていけば良いのか。

子の親として、痛快に聴講しておりました。
ただ純粋に感動しました。ありがとうございました。




by sumiya-aramono | 2018-10-17 07:45 | 地域 | Comments(0)
2018年 09月 29日

「情報合戦準備中」

間もなく、山鹿の仲間と始める「ポータルサイト」事業。
不安ですが楽しくしようと打合せを重ねております。

ふと、今日の東洋経済オンラインを見てましたら興味のある箇所が。


b0369943_10213193.jpg

約10年前と現在の米国における企業TOP5です。
全て簡単に言うとIT情報関連です。

もう少し補足すると、トリプルメディアということです。

b0369943_10242444.png

上の構図のようなことが、現代の生活において無くてはならないもので、それは急速に発展しました。

私たちもよくイベントを行います。
そして私たちもですが、失敗をします。
広報、口コミ、つまりは情報発信の不勉強。

・イベントを考え、告知を考える↓
・チラシやポスターを友人やお店に貼ってもらう↓
・山鹿の滞留人口の中でのみの告知になってしまう↓
・いつも見るようなコミュニティのイベントになってしまう↓
・資金はソコソコなので新しいことにもチャレンジ出来ず、維持をすることが目的になる

チラシを作るのにはお金がかかります、配るのには時間もかかります。外のイベントならば雨が降ったら集客は望めません。友人に言ってて来なかったら、溝が出来るかも知れません(田舎あるあるかも)

世界はトリプルメディアと言っているのに、私たちの地域は何をしているんだ?地域に無いのはオウンドメディア(これを今回作ります)です。

チラシに10万円かかっていたのなら、その半分以下で告知出来るようになるでしょう。その後の展開も広げれるかもしれないし、何より地域外の方に発信出来ます。

もちろん、それは「目標」でありまして、そこまでになるには多少の時間がかかります。
・定期的に「信頼性」ある情報を上げれるか
・楽しく地域を巻き込みながら出来るか

以上のことを踏まえ、あと数日で始まる「山鹿BEAT CHANNEL」
山鹿地域の人しか関わっていませんし、出て来ませんが、山鹿の「今」が伝わる情報機関となることを期待しています。

by sumiya-aramono | 2018-09-29 10:15 | 地域 | Comments(0)