カテゴリ:酒( 11 )


2018年 10月 14日

「日本酒の会」

昨日は、日本酒の会でした。

各々お酒を持ち寄り、楽しい宴となりました。

b0369943_05462300.jpg

b0369943_05462376.jpg

佐賀の東一は人気でした。いろいろなお酒を少しずついろいろなお猪口で呑むと楽しいですね。

ふと空を見上げるとお月さま。

b0369943_05472811.jpg

若い人たちと呑むとエネルギーを貰えますね、楽しい時間でした。



by sumiya-aramono | 2018-10-14 05:45 | | Comments(0)
2018年 10月 05日

「旅酒」

b0369943_22344287.jpg

いつも御世話になっているT様から頂いたお酒を御相伴に。

b0369943_22362475.jpg

ツマミは家にあった「高菜」を。

先ずは↑「まんさくの花」
優等生という感じ。お米の味もして、特純というのも分かります。何にでも合うでしょうね。
白身魚とか食べたくなりますね。

次に呑んだのが←「玉櫻」
ガキ大将!という感じ。中々な暴れん坊、こちらは活性炭使ってないので色が黄色がかってます。良く言えばフルーティ、味が濃いツマミにも負けない芯がありますね

最後に呑んだのが→「死神」
クセニナル味と書いてあるけど、中々どうして普通に美味い。前のガキ大将が効いてるせいか、あ、でも常温に近付いてくると辛口になってきました。

個人的に一番の好みは「玉櫻」かな。どれも純米酒で、地域性が出ていて楽しいですね。
T様ありがとうございました、さぞや楽しい旅をされてきたことが伝わります。


by sumiya-aramono | 2018-10-05 22:34 | | Comments(0)
2018年 08月 26日

「日本酒の会」

b0369943_12591640.jpg

先日、ささやかな日本酒の会を開催しました。
若い方と呑むのは楽しいですね♪素直な印象が

いろいろな地域で作られるお酒は、同じ味がなく楽しいです。

b0369943_13001047.jpg

今回の一番は車多酒造の天狗舞生もと純米。
常温に近づくにつれ、甘味が増し食中酒には最適でした。

また10月に開催出来たら、と思っています。

by sumiya-aramono | 2018-08-26 12:58 | | Comments(0)
2018年 07月 28日

「葡萄酒」

熊本の県北・山鹿市菊鹿町で栽培されている葡萄を使って作られている「菊鹿ワイン」

私が買っていた時は、2000円くらいでしたが今は値段も上がってしまいました。

b0369943_11043622.jpg

特にセレクションのモノは手に入りずらく、有ったら「即買い!」が基本です。

先日樽熟を頂きましたが、あまりワインを呑まない私でも呑みやすく、ユックリとした時間に呑むお酒かな、と改めて思いました。



by sumiya-aramono | 2018-07-28 11:00 | | Comments(0)
2018年 07月 07日

「古酒」

b0369943_17410243.jpg

熊本神力・純米吟醸  14年熟成

先日、懇意の酒屋さんに頂いた04年製造の日本酒。芯のある日本酒ならば、14年経っても「愉しいお酒」として呑めますね。

古酒、風味は広島の竹鶴のような感じで、食中酒として充分です。

色も琥珀色のよう、温度でもう少しまろやかになるでしょう。日本酒は面白いですね!



by sumiya-aramono | 2018-07-07 17:36 | | Comments(0)
2018年 06月 28日

「和いスキー」

お知り合いの酒屋さんの倉庫に眠っていました。
b0369943_19081802.jpg

「NIKKA」好きです。日本のwhiskyは最近、評判が宜しいようでウレシイですね。
倉庫移動を御手伝いしたら下さいました♪

部屋に掛けてますが、充分アーティスティックだと思います。ただ…「Super」の「u」が「n」に見えるので、失敗作かなあ。。

まあ、そんな想像も出来るのも◎


by sumiya-aramono | 2018-06-28 19:01 | | Comments(0)
2018年 05月 23日

「地酒3」

先日、某お店で頂いた「瑞鷹 菜々77」
b0369943_08273936.jpg
低精米歩合で酒米の良さを強調してあります。
菜々=77と、洒落も利いていますね!
色も、少し黄なりがかっていまして、広島の竹鶴に似ていると感じました。これは今までの熊本の酒ではないですね

b0369943_08272484.jpg
ガラスコップは白波ですが、今度は自分用に買ってお気に入りの酒器で楽しみたいと思います。



by sumiya-aramono | 2018-05-23 08:32 | | Comments(0)
2018年 04月 28日

「宴の酒」

宴の席に美味しい日本酒があると、酒好きとしは嬉しくなりまして、一気に愉しくなるものです。

昨日はそんな一席でした。
久しぶりに熊本の瑞鷹の「菜々」無濾過生原酒を。

b0369943_13405755.jpg

甘味もありますが、芯もありまして食事にも合うお酒でした。個人的にですが、緑瓶は好きですね。



by sumiya-aramono | 2018-04-28 13:34 | | Comments(0)
2018年 03月 28日

「地酒2」

b0369943_14095873.jpg

山鹿の隣町・三加和町にあります酒蔵「花の香酒造」さんの「花の香」。

私が日本酒を呑み始めた時は焼酎ブームでして、その時は「吉地(よしじ)」という日本酒を造られていました。味は熊本の酒という感じで、山鹿の「神祖」というお酒に似ていると言われ、呑んでいた覚えがあります。懐かしい

それから間接的にですが、花の香さんが果敢に挑戦され、今のように大人気の酒蔵になるのを見ていると、何とも感慨深いです。
味もですがブランディングの上手さ、思い切りの良さ、タイミングと素晴らしいです。

こちらのお酒は、華錦と1401酵母で作られたいる限定酒で、御値段も一升瓶2800円、四合瓶1450円(どちらも税別)となり格安!

まだ呑んでませんので感想は言えませんが、いつものように華やかで誰にでも気軽に呑める吟醸酒に仕上がっていることでしょう。

夜が楽しみです。

by sumiya-aramono | 2018-03-28 14:09 | | Comments(0)
2018年 02月 07日

「地酒」

b0369943_22043900.jpg

泰斗ー純米吟醸(無濾過生原酒)
熊本県山鹿市にある「千代の園酒造」で造られています。
今の時期は「無濾過生原酒」もありまして、白く濁りますが、スッキリとした甘さがあり、ワイングラスで呑むと一瞬日本酒と思えない程、品のある味わいになります。

少し語弊がありました、他のお酒が品が無いみたいに聞こえますが、元々熊本の日本酒は「甘さ」が際立ったものが多いです。作り方もあると思いますが、そんな中でもこの「泰斗」の純米吟醸酒のスッキリさは衝撃でした(地元だからか褒め過ぎ?)。
企画された団体も「くまもと酒文化の会」と言いまして、熊本の酒にうるさい酒屋さんで組織されています。

大分の豊潤beginに似ている感じですね、間違いなく一年を通して酒量ナンバーワンです。御値段も4合1700円、一升瓶3400円とお求め易い価格ですよ~



by sumiya-aramono | 2018-02-07 21:47 | | Comments(0)