2018年 08月 24日

「ふもと窯」

b0369943_18364907.jpg

先日、そうとうお久しぶりに荒尾の井上泰秋先生に御会いした。※左←の御方、→は市長

30分くらいの講話も懐かしく覚え、20年前に御会いした衝撃を思い出していた。

先生のお話は、以前に増して巧みになっていて、時間がまるで足りなかったけども、そんなのお構い無しに話される豪快さは楽しかった。

ただ「私の親友の前田くん、立って」と言われた時は苦笑いでした…

b0369943_18425019.jpg

今日、先日の御礼と私の仕事の話でふもと窯へ→

豪快!ウン、好き。(第一印象)

ハンチングを被り、いつものスタイルの先生は「息子に全部任せてあるから」と言って、控えてられた。

「継承」と簡単に言うけども、若い方を育てることが今の時代難しいと思う、ここでは自然に任せて上手くされているなあ、と感じた。

次の20年が楽しみです!


by sumiya-aramono | 2018-08-24 18:35 | 民藝 | Comments(0)


<< 「日本酒の会」      「山鹿の祭」 >>