2018年 07月 16日

「空の色」

空の色というのは、いつの時代も移ろうもので、自分の心情を写しているものでしょうか。

空の色の名前を調べていて、空の色の時計というのを考えたデザイナーがいらっしゃったのに驚きました。

b0369943_15495096.jpg



2010年か、ちょっと早すぎたかなあ。今、是非出して欲しい

デザイナーはデザインをする方ですが、普遍的なことばかりに囚われているのも大変だと思います。

自由に大胆に可能性を広げるようなモノは、これからも探し続けていきたいです。




by sumiya-aramono | 2018-07-16 15:41 | コト | Comments(0)


<< 「料理の本」      「古酒」 >>