2017年 08月 31日

「雑貨屋のやり方」

ということで、私が思う「雑貨屋のやり方」を書いていこうと思います。

私事ですので、違うこともあるかもしれませんが、それも御愛敬、御許し願いたく存じます。


「場所探し」
リアル店舗を開業する場合、場所は大事です。場所次第で売れる売れないということもありますので、場所が一番大事だという方もいらっしゃると思います。しかし、良い場所はそれだけ家賃が高かったり、既存店などのライバル店があったりします。
場所が辺鄙な所にある場合は、家賃は安く、自分の思うような店作りが可能となる場合も多いでしょう。
家賃で浮いた分を、広告費や内装費に回しても良いと思います、自分なりの御店を作るための「場所」を考えられたら良いでしょう。
・家賃の目安 0~15万円(売上目標次第)

「内装費用」
内装費用は、雰囲気作りにおいて妥協したくない部分だと思います、私もそうでしたから。ですが今後仕入れをすることや運転資金のことを考えると、あまり注ぎ込むのもどうなのか?と思います。
適材適所という言葉がありますように、自分の伝えたいことを伝えれるような内装計画にし、イベント費用や効率的な環境作り(宣伝になるような備品など)に使用した方が効果的かもしれません。
※店舗の準備費用や内装費用(初期投資費用)は、予め準備しとかなければなりません、月々の経費を抑えるためにも。
・内装費用の目安 10~200万円

「節操ない感じをやめる」
私も最近分かってきたことでお恥ずかしいのですが、明確にターゲットを決めた方が「店が何を売っているのか」伝わります。漠然と全ての世代に売っていきたいと考えていると、何を売りたいのか(伝えたいのか)分からなくなるでしょう。ニッチにしていけばいく程、顧客が限定されればされる程、伝えたいことは明確になり広告費用は少なく済むでしょう。明らかな「パン屋」に「靴」を買いに来る人は居ませんし、買う人も「あそこに行けばあるかも」と思ってくれる御店というのがリアル店舗のメリットだと思います。

「仕入れ」
仕入れは、一番良いのは自分が作ったアイテムを自分で売ることです。中間マージンをいかに減らすのかで自分へのリターンが増えます。仕入れ業者への支払い期限も重要なポイントです。
また仕入れにはロットが存在します。ロットが多いとその分、単価は安くなります。少ないと高くなります。想いだけに頼らず効率よくリスク分散しながら仕入れを行うことが必要だと思います。
・仕入れの目安 15~60万円

「売上高」
売上>経費が成り立たないと、経営は出来ません。勿論、事業者の予算規模によって、それが月単位なのか年単位なのかあると思います。
私がこの店を始めるときに、セレクトショップの友人に言われました。
「月90万円の売上で成人一人が普通に生活出来る」
コレは家賃を払いながらの理想値と思います。
90万円の売上ならば粗利は35万円位でしょう。そこから家賃や光熱費を引いて、仕入れの代金や自分の生活費や娯楽費になります。
もちろん、熊本市内という私が居る田舎とは違います。京都や東京だと90万円は話にならないでしょう、その3倍以上ないとやってはいけません。つまり、売上と開業する場所(つまりは経費)は直接関係しています。
当たり前の話ですが、案外難しいところです。

もし、90万円売上がないなら、経費を下げる方法を考えなければなりません。そうすれば粗利は変わりませんので。自分が必要である金額をリアルに意識し、その理想値に近づいていかなければただの浪費になってしまいます。リアル店舗の場合は、直ぐには繁盛店になるのは難しいでしょう、しかし売るための努力や仕掛けを常に考え「(常に)新しい店」と思われる努力をしていれば、常連さんも増えていくと思います。

「大事なポイント」
長々と書いてしまいましたが、置く雑貨の種類でも内容は変わってきますし、お金に換えがたい価値観のために御店を営業する楽しみもあることでしょう。

初期費用に300万円掛かったとします、それを何年で回収出来るのか。5年という方はセンスの塊です。私は10~15年だと思っています。そのくらいの気長さが雑貨屋には必要だと思います。
そして御店を繁盛店にするポイントの一つは「継続させること」
そのためにも一番大事なことは「無理をせずに出来るか」ということに尽きると思います。

今回は、私という狭い視野の狭い世界の話でした。いろいろ本を読んでも、実践的な話はあまりなく本当の所はどうなの?と思ってしまいます。そこでプロの意見が聞ける機会はないものか。雑貨屋の裏側みたいなことを聞けないものか、と考えていまして
「機会がないなら作ってやろう!」ということを思い付きました。

只今、講師の方を選定しています。今年中はバタバタしてますので来年になるかもしれません、ですがきっと素敵な方を御紹介出来ると思っています、お楽しみに。

b0369943_20471782.jpg


by sumiya-aramono | 2017-08-31 21:02 | コト | Comments(0)


<< 「佐藤卓:ご自由に上がってお使...      「個人商店」 >>