2017年 07月 30日

「ガラス容器」

b0369943_15153262.jpg
IWAKIの耐熱ガラス調理用片口を注文しました。
イームズや柳宗理さんが蒸発皿に価値を見出だしたように、私はこの片口がとても気に入りました。

生産国はタイですが、実直な日本企業のセンスが、プロダクトとして表れているように思えます。

b0369943_15233372.jpg
こちらも同社の耐熱ガラス容器です。キャニスターとしても使えそうですね、光のあたり具合で色が出ていませんが、蓋は薄い緑色です。
※蓋はポリカーボネート製

こういう容器が1000円前後で買えることは本当にありがたいです。いろんな人に使って欲しいと企業は願いますから、その企業努力の結果が価格として表れています。

日本の手仕事ならば価格は跳ね上がります、その分、付加価値も加味されます。何気ないモノに価値を持たせ、所有欲は向上されることでしょう。

でも、イームズや柳さんが好んだ理由というのは所有欲より使用欲であって、使うことを純粋に考えた結果だろうと思います。それでも、個人の購買意欲は様々あって良いとは思いますけど

ただただ国内企業のこういう製品がもっと評価されて欲しいと願います。


b0369943_18244736.jpg


by sumiya-aramono | 2017-07-30 15:43 | モノ | Comments(0)


<< 「ざっかこう」      「小鹿田焼支援即売会」 >>