2016年 05月 16日

「熊本國際民藝館」

b0369943_00332129.jpg
熊本市の龍田に「熊本國際民藝館」はあります。
こちらは、まだ柳宗理さんが日本民藝館の館長だった時に「熊本に在るから、とりあえず行ってみるかー」と行ってみて、
あまりの簡素さにショックを受けた場所です。
ひっそりと神社の奥に建っていまして、全国の民藝館の中でも「國際(国際)」と付くのはこちらだけです。
初めての集まりの時、現館長でもある荒尾の小代焼ふもと窯の井上泰秋さんに、ちょっと怒られたのが(笑)キッカケで、今でも民藝館の会員になっています。
14年くらい前でしょうか

こちらには柳宗悦さんを支えた、外村吉之介さんの選んだモノたちが、無造作のように展示してあります。
海外の物もありまして、私がアフリカ系のバッグや籠を好きな理由も、こちらの影響が強いと感じます。
だけではなく私の生きる「芯」を創ってくれたのも、「民藝館」やその周りの方たちの恩恵だと思っています。

先頃の熊本地震にて、甚大な被害を受けたとお聞きしましたが、12日より営業を再開されているそうで、今度お伺いしようと思っています。



by sumiya-aramono | 2016-05-16 00:48 | 民藝 | Comments(0)


<< 「波佐見焼到着」      「茶箱活用」 >>