人気ブログランキング |
2019年 06月 15日

「山鹿版アノニマス・デザイン」

昨日から、あるイベントの御手伝いで「酒樽」を使ったベンチの制作をしておりました。

b0369943_08265884.jpg

b0369943_08265874.jpg

b0369943_08265925.jpg

b0369943_08265936.jpg

酒樽は、杉の板を扇形に切り、周りを竹で編んだ物で固定したものです。

木と木の接続は、竹でしてありまして、中には90年近く前に作られた物もありました。

樽に巻いてあった竹を切って、半分に縦に切り離し、2.5ミリ厚の鉄板で繋ぎます。

簡単のように書いてますが、七転び八起き状態で大変でした。ただ、樽の自然にデザインされた「R(曲線)」は美しく、今まで使われてきた歴史を肌で直に触れることが出来るのは感動しました。

酒樽なので雨には強く、すぐには作れない寂れた趣も良かったです。

b0369943_08341221.jpg

八千代座の裏に設置予定です。

# by sumiya-aramono | 2019-06-15 08:24 | モノ | Comments(0)
2019年 06月 08日

「広島小旅行」

先日、広島に研修旅行に行って来ました。
広島と言えば、原爆ドーム、お好み焼き、宮島、とあると思います。今回は、知り合いの方にお任せして楽しんで参りました。

知り合いの方が、旅好きなこともあり便利な切符を手配してくれていました。

b0369943_19043709.jpg

この「広島湾クルーズきっぷ」です。
主に、JR線とクルーズ船を使うプランです。
何回も使える所と片道一回のみの所がありましたが、船に乗ることの少ない私たちには絶大な「価値観」でした。大人2800円

b0369943_19120423.jpg

ホテルも、船から上陸出来るのは立地を生かした素晴らしいプレゼンテーション。

b0369943_19120481.jpg


b0369943_19120512.jpg

船を使ってしか行けない「宮島・厳島神社」は、やはり存在感抜群です。

また広島には「手ぶら観光」もしていまして、旅に来られた方を楽しませる「仕掛け」が上手な印象がありました。

b0369943_19095218.jpg

↑これは、ホテルから広島駅に500円で配送してくれるサービスです。重さ25キロまで

実際、荷物を持っての観光は大変です。広島には他にもイロイロなクルーズ船プランがあるのですが、こういうのと連携することにより、旅の質を向上させています。

b0369943_19180067.jpg

b0369943_19180035.jpg

b0369943_19180037.jpg

b0369943_19180115.jpg

b0369943_19180816.jpg

また、自動車のMAZDAの本社工場、MAZDAスタジアム、呉の大和ミュージアム、そして広島お好み焼きと、もの作りの「精神」を低価格で視察出来るというのは、強いと感じました。

広島は「原爆」のイメージが強いと思っていましたが、広島市内・宮島・呉をクルーズ船を使って連携させていることは、他の地域にあまりない「価値観」であり、これからの広島には「強味」になると感じました。


# by sumiya-aramono | 2019-06-08 19:02 | 地域 | Comments(0)
2019年 06月 08日

「頼もしきカメラバッグ」

先日、小旅行に行って来ましたが、使っていたバッグが素晴らしかったので。

b0369943_17320628.jpg

DAIWAのタックルバッグです。
私は主に、一眼レフ、財布、入れに使ってましたが、肩と腰にベルトをしてあるので疲れないのが良かったです。

b0369943_17344351.jpg

一眼も横向きですが、すんなり入ります。
開いた所のネットにはバッグを雨から守るシートが入っています。

b0369943_17362550.jpg

また、画像の前のファスナーに財布や切符など入れてました。
開けたまんまマジックテープで留められ、いちいちファスナーを開けなくてもモノが取り出せるのは大変便利でした。

DAIWAは服もデザインが良くて機能的で使う人のことを考えているのが解ります。

使ったバッグは男性向きで、女性には少し大きいかもしれません。

# by sumiya-aramono | 2019-06-08 17:31 | モノ | Comments(0)
2019年 05月 28日

「山鹿温泉小説4」

さて、小説家の方に山鹿温泉を舞台とした物語を書いて欲しい。という願望から行動へ移していく段階になってきました。

前にも一度、書いて欲しい小説家の方は御紹介しました。
山鹿市出身の小説家「古川春秋」さんです。

時に、古川さんは3月に新しい本「暗殺日和はタロットで」を出版されています。今日、三年坂のTSUTAYAに行きましたら平台に置いてありました。※中央

b0369943_19000262.jpg

そして先日見付けたのですが、本書の紹介動画も発見しました!
古川さん御本人も話されていますので、御興味のある方は御覧下さいませ。


最初にあるように「行動」に移していくということで、7月の初めに古川さんを山鹿に御呼びしよう!という運びとなりました。

私は本が好きですが、あんまり安易な発言は控えないと失礼になるかな~ということもありますので、まずはディープな山鹿を御案内しようと思います。

楽しみなことは尽きませんが、山鹿を面白く楽しくしていこうと仲間と言っております。その為に少しだけ背伸びをしながら頑張っていきます!



# by sumiya-aramono | 2019-05-28 18:52 | 小説 | Comments(0)
2019年 05月 26日

「地域性プロダクト」

近場だけど、地域の魅力を探しに行ってます。
福岡は今や魅力のある都市になりました。福岡の中でも限定はされますが、何故モテるのか?と思います。
それには京都も行ってきただろう「仕掛け」があるのだと思いますが、なかなか真似をするのは難しい。何より政治力が必要になると思います、ですので私のような者は「プロダクト」を見ることを楽しみにしています。

ネットで物が買えるようになり、商圏が拡がったので、どこでも同じ物が扱えるようになりました。また、仕入れサイトみたいな所がありますので、それなりに他店に取り残されないような品揃えも出来るようになりました。

でもそうなってくると、地域性という面では、どうなんだろう?と感じます。似たような商品が東京にも熊本にもあるのなら、わざわざ行って買うようなことはしなくなり「旅の理由」にはなりません。そんな中、上手いなあと最近思ったのが「御朱印帳ブーム」

これはそこに行くことに「理由」があります。そこでなければ「意味」がありません。それに近い物で「御守り」や「札」もありますが、私が最近購入した物で福岡の筥崎宮の「縁起おはじき」があります。

b0369943_07533131.jpg

昔は、筥崎宮のお祭り「放生会」で販売されてました。これが素晴らしいのは、博多人形師が作っていること、1人1つしか購入出来ないこと、そしてそれを毎年作っていること、です。


なかなか上手いシステムだなあと思いました。価格も絶妙で、コレクターも居ることでしょう。ただ継続していかなければならないというのはありますが…

これは見事に地域性もあって、そこで販売することに「意味」があります。昔、何かで読みましたが「人を呼びたいなら来る理由を作ること」

来る理由とは、その人にとってのメリットということになります。地域がメリットを作り出せるかどうか?難しいと思いますが、それは地域の中の1つのお店から始まることと思います。

昨日行った久留米の餃子屋では目の前で妙齢の女性が1つ1つ餡を生地に包んでいました。その大きさが小さくて慎ましくて美味しかったです。これも、その地域というか、そのお店でなければ味わえないことと思いました。

b0369943_08063228.jpg








# by sumiya-aramono | 2019-05-26 07:32 | 地域 | Comments(0)